婚活 結婚

失敗しない婚約指輪&結婚指輪の選び方!オンラインじゃなく2人一緒に来店して選ぶべき

2019年10月26日

こんにちは〜!マッチングアプリで結婚したUmi(@Rimaindo)です♪

婚約&結婚指輪選びは一生に一度の大きなお買い物です。

やっぱり、指輪選びは2人で実際に店舗へ見に行くのが一番!

プレゼントしてもらうのも良いですけど、アクセサリーは好みが分かれますし、身につける本人が気に入るものでないと・・・

私たちが購入した婚約指輪&結婚指輪の実物写真

私たちが実際に指輪を購入したショップ、可愛くてオシャレな指輪が用意されてるjewelry craft YAMAJI(ジュエリークラフトヤマジ)はオススメです♪

Umi

この記事では、私の婚約指輪選び&結婚指輪選びの体験談を書きまとめます。

私がプロポーズでもらったのは婚約指輪であって婚約指輪にあらず

私のプロポーズは婚約指輪ではなく、“指輪作りに使う石”をもらいました。

彼が、どうしても本人が気に入る婚約指輪をプレゼントしたいという考えの持ち主でして。2人で指輪選びをしたかったみたいです。

考えた末、ジュエリーショップのプロポーズ用アイテムがあるのを見つけて、指輪用の石をプレゼントするという方法を選んでくれました。←ダイヤモンドボックスプロポーズというやつらしい。

Umi

ナイスアイディアです!これならばプロポーズで指輪を渡したのと同等の重みを感じられます。

jewelry craft YAMAJI

プロポーズの翌日に私たちは早速指輪選びのために、岡山市のジュエリーショップ jewelry craft YAMAJI(ジュエリークラフトヤマジ)へ行ってきました。

指輪選びは実際にジュエリーショップに行くべき理由

指輪選びをしていて特に感じたのは、良いなと思ったデザインを見るのと、実際に自分の指にはめてみるのでは随分印象が変わるということでした。

好みのデザインだからと言って、自分に似合うとは限らないというところ。

これは実際に指輪をいくつもはめてみて分かったことです。

色味、形、デザイン、金属の種類…ツヤ消しかツヤ有りかでも全然違いました。

リングピローに乗ってる時はよく見えても、いざ、指につけてみると自分に似合わない…

指の形や細さ、色によって、やっぱり似合う似合わないが出て来るんですね。

Umi

だから、指輪選びは絶対に現物を試しにつけてみたほうが良いです!私はそう思いました。

私たちが指輪選びをしたYAMAJIの場合、店内にアトリエがあります。指輪製作の工房がお店にあって職人さんがいました。指輪の加工に関する質問とか、職人さんから直接お話聞けたり。

試しにつけてみる指輪をツヤ消しあるバージョン、ないバージョンとかにすぐ加工してみてくれたり。そんなこと出来るの?!って驚きながら、指輪選びさせてもらいました(笑)

職人さんがいるからこそ出来る指輪選びが楽しめたというのも、実際にジュエリーショップへ行ったからこそ味わえた経験ですね。

指輪を選ぶ際に気にしたいこと

お店によってアフターサービスが違うようなので、指輪選びの際に参考にしたいですね。

ちなみに、私たちがお世話になったYAMAJIでは

  • サイズ直し
  • 新品加工
  • ゆがみの直し
  • 宝石のゆるみ・はずれ
  • 刻印の追加や修正

がアフターサービスで全て無料でしてもらえるという永久保証付き。回数制限なしでやってもらえるそうです。

私たちが実際に選んだ婚約指輪

婚約指輪くれるのなら安いので良いよというスタンスだった私。

2、3万ので良いやと思ってました。

しかし、いざ、ジュエリーショップでどれでも良いよと彼に野放しにされた私は結局、そこそこ良いお値段なやつを手に取ってしまったのである(笑)

デザインも可愛いし、一目惚れしたのがそれだったので。しかも、はめてみたら、しっくり来ちゃって。

値段が・・・思わず彼の顔を窺う私。

でも、彼も同じく、それが一番似合うと思ったみたいだし、特に嫌な顔をするわけでもなく・・・

気に入るやつをプレゼントしたいって。

優男さんなので。

ピンクダイヤっていう希少ダイヤを普通のダイヤの両隣に2つこしらえた婚約指輪を購入することに。

女性の私から見ても、男性の彼から見ても気に入るデザインを選ぶってのが良いです。

2人で選ぶことにより、それも思い出になりますし、特別な指輪になります。

私の指のサイズ4号だったのでお直しが必要で、職人さんのスケジュール次第で約1ヶ月後のお渡しになるとのことでした。でも、3週間後に出来上がって、受け取りに行けたよ♪

指輪ケースがハート型でめちゃ可愛い
出来上がった婚約指輪

私たちが実際に選んだ結婚指輪

婚約指輪の受け取り日に、今度は結婚指輪選びをしました。

結婚指輪はまだ先かなと思っていましたが、入籍日の目処がついたので、婚約指輪を受け取りに行く機会を利用して、結婚指輪も物色してみることに。

彼が普段アクセサリーなんてしないタイプの男性なので、あまり派手なデザインでないもの。職場にもしていく予定なので、シンプルなデザインの結婚指輪選びが必須でした。

Umi

彼は、幅があるタイプの指輪がデザイン的に好きみたい。

私のも、ペアリングではなかったものを2つとも似たようなツヤ消しリングに加工することで、良い感じのペアリングにしてもらえるみたいだったのでそれにしました。

婚約指輪と重ね付けするってのもできるみたいですね。なので、結婚指輪を選ぶ際には、婚約指輪も一緒にはめて、選んでみると良いかもです。

私の婚約指輪は曲線があるタイプのリングだったので、それに合わせるなら同じようなカーブになった専用のものもありましたが、彼とお揃いの形の結婚指輪にするため、それは選びませんでした。

でも、重ね付けしてみても、そんなに相性悪くなかったようなので、全然良かったです。

受け取りは私の指輪の加工が4号で時間がかかるので、また、1ヶ月後でした(笑)

出来上がった結婚指輪

刻印にはメッセージを刻むとか豊富な見本と選択肢がありましたが、私たちはシンプルに『名前(ローマ字)to 名前(イニシャル) 入籍年月日(西暦)』にしました。

指輪ごとでお互いの名前を入れ替える感じで。

彼の方は指輪の号数が大きいし、文字数の心配はありませんでしたが、私の方が4号なので刻印がいくつ入るのか心配でした・・・が、意外に文字数入るもんなんですね(笑)

名前+入籍年月日、合わせて21文字(スペースはカウントせず)入れてもらえました♪

お互いに出勤する際につけて、帰宅したらリングピローケースにしまう感じで愛用してます。

  • この記事を書いた人

Umi

婚活アプリで結婚した30代♀結婚を機に真庭市での田舎暮らしデビュー!真庭市生活ブログをゆるゆるに更新中。0歳児の子育てに奮闘中の新米ママです♪

-婚活, 結婚
-, , , , , ,