歯列矯正治療記

歯列矯正18か月目|矯正の完了を決める面談

2019年9月13日

歯列矯正17か月目|最終調整、ゴムかけ牽引開始

ゴムかけの牽引を再開 上顎のマウスピースがハマらなくなってからお休みになっていたゴムかけ牽引でしたが、最終調整も終盤が見 ...

続きを見る

診察と治療方針の再確認

ゴムかけ用のゴムは足りてますか?と聞かれたが、今日外せるのではないかと期待を大いにしていた私は、とにかく適当に頷いておりました。

私の噛み合わせは一本下の歯がないことにより、どうしても上下の歯にズレが生じてしまうのは仕方ない。

いーっとした時に、犬歯の辺りが重なってしまってるのをどうするかという話だった。

本来なら、ギザギザしてる部分にギザギザがパズルのようにはまるのが正しい咬合のようだけど、私も歯を削って、細くして隙間を詰めていけば、噛み合わせも完璧になるって。

ただ、治療期間は延びるとのこと。

私的に出っ歯さえ治れば、そこまで完璧な噛み合わせは求めてないので、「もう取ってください」とお願いしました。

個人的な事情もあり、何としてでもそれまでに装置を外しておきたかったんですね。

歯の型取り

冷たい印象材が歯の神経に染みて痛かったです。今まで、歯形取りで歯の神経に痛みが出たことはなかったけど・・・

下と上の歯を印象材で取りました。

後戻り防止のための針金

歯型ができるまで待ち、その後、後戻り防止のために、2〜3センチほどの針金を歯の裏に接着しました。

いつものように接着材を光で固める。

どれか一本取れても、今は装置がまだ付いてるから大丈夫。

もし全部ポロっと取れたら、針金を持って受診してくださいと言われました。←表側の装置外したあとの話。

やっとお別れになる!見納めですね。

歯列矯正18か月目|下顎の裏側に補助の針金を接着

下顎の歯の裏側に補助装置を装着 装置を外す前に、歯を固定する針金を裏側に接着しました。 前回は上顎に装着したので、これで ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Umi

婚活アプリで結婚した30代♀結婚を機に真庭市での田舎暮らしデビュー!真庭市生活ブログをゆるゆるに更新中。0歳児の子育てに奮闘中の新米ママです♪

-歯列矯正治療記
-