歯列矯正治療記

歯列矯正10か月目|裏側矯正の牽引を開始

2019年1月4日

歯列矯正9か月目|矯正用インプラントアンカー2本埋入

裏側矯正の第一歩 歯並びが良くなり、歯も下がってきたので、このたび、表側から裏側へ矯正を移すことになりました。 この見た ...

続きを見る

インプラントアンカーというネジを口蓋に打ち込んでから1ヶ月が経ちました。

インプラントアンカーのキャップ外しが激痛

治療の流れでいくと、裏側矯正の牽引を開始するワイヤーをかけてもらう日。

と、その前に、インプラントアンカーにかぶせていたキャップを外す処置をしなければならないそうで。

これが思いがけず激痛だったというお話。

癒着してしまってるのか、全然取れないんだわ。

だから、先生も苦戦してグイグイ口蓋側にネジ込みながらやるもんだから、骨が痛くて頭が真っ白です。

うがいしたら、案の定、血まみれでした。

インプラントアンカーを打ち込む手術の際は局所麻酔をしていたから痛みは全然なかったですが、今回は麻酔なしで口蓋の骨に負荷がかかったようで、めちゃくちゃ痛かったです。

Umi
とにかく痛かった。

ワイヤーかけた後、キャップをするかどうか患者の意思で決められるというので、迷うことなくこのままを希望!全力でキャップ拒否という選択肢!

もう二度とキャップつけたくないと思いました(笑)

外せなかった時のリスクが大き過ぎることを知ってしまったんだもの…

もしもこれからする人がいたら、そして、もしも自分の意思で決められたなら、ちょっと先端が尖ってるかもしれないけど、キャップはつけないほうが良い。

アンカーにワイヤーをかける

アンカーのワイヤーの引き具合で痛みが出るかなと心配していましたが、それ以前のキャップ外しがあまりにも激痛で、ワイヤーの痛みなんか感じもしなかったです(笑)

表側下顎ワイヤーも太いものに変更

一気に太いワイヤーに変更となりました。

ワイヤーの設置直後からなかなかの牽引力を感じる。

これはかなり痛くなりそうだ…と気の引き締まる思いでした。

食べ物が口蓋に詰まってゆく

インプラントアンカーを口蓋に打ち込んで過ごしていると、食事の時に少し煩わしい。

というのが、ご飯がインプラントアンカー二本の間にぎっしりと詰まっていき、張り付いて来る。とにかく気持ち悪い。

気になって舌で口蓋をつつくが、うまく取れない。

これの解決法は、ひたすらに飲み物を流し込むことしかない。

液体を流し込めば、割とあっさり取れてしまう。うがいでも良い。

食事中に気になるようであれば、適宜、飲み物を口に含めば煩わしさから解放されるのでご心配なく。

アンカーねじが舌に接触して痛む

キャップを外したからか舌に痛みがある。

ヤケドした後のひりつきのような痛み。

舌炎になったかもしれないです。

歯列矯正11か月目|裏側矯正のワイヤー交換

裏側矯正のワイヤー交換 キャップを付けましょうかと言われたが、全力で拒否しました!(笑) キャップを付けた場合は、ワイヤ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Umi

婚活アプリで結婚した30代♀結婚を機に真庭市での田舎暮らしデビュー!真庭市生活ブログをゆるゆるに更新中。0歳児の子育てに奮闘中の新米ママです♪

-歯列矯正治療記
-