歯列矯正治療記

歯列矯正3か月目|上顎ワイヤー装着後の痛み

2018年6月14日

全顎用ワイヤーセット(上顎)を装着し、いよいよ本格的な動的処置を開始した。

歯列矯正3か月目|全顎用ワイヤーセット(上顎)

激動の1ヶ月を終え(抜歯2本を乗り越え)、私的には最大の山場を越したつもりでした。 ホッとひと安心。 かと思いきや、私は ...

続きを見る

まだ、次の診療日ではないが、記録しときたい痛みが出てきたので書き残しておきたいと思います。

痛みについて

個人的な痛み評価

装着直後は痛みが感じられなかったので、正直ラッキーと喜んでいたのですが。

翌日に痛みが遅れてやって来ました。

何もしていなくても、抜歯した後のようなくすぶる痛みがあります。

噛み締めると、上下噛み合ってる部分が1箇所だけあるのだが、そこに力が集中するため、痛みも一点集中。

ちょっと先が思いやられるような感じ。

Umi
これからやっていけるのだろうか…。

装着から2日が過ぎると痛みはなくなりました。

慣れたのか、歯が動いたのか。ほとんど痛まない。

つまり、装着後の翌日はかなり痛むので物を噛めない状態

その次の日になると、少し落ち着く。

数日間を過ぎると、痛みは治まるよう

Umi
なんだか、痛みのリズムが分かってきたぞ!

あんな痛みが常時続くかと思うと心が折れそうでしたが、安心しました。

これさえ分かっていれば、それなりの覚悟を持って動けるね。

食事について

高野豆腐、小さく刻んだベーコンポテト、たまご焼き、小さめに作った唐揚げなどをお弁当で食べました。

ワイヤー交換直後のメニューはちょっと考え直さなきゃという感じでした。

Umi
自分の中では柔らかいものを集めたつもりだったのに・・・

こんなに柔らかい食べ物(唐揚げを除く)ですら、食事は地獄。

高野豆腐ですら、噛むと痛い(笑)

装着の2日目にはカップうどんを食べたのだが、それさえも痛かったです。

我慢できないことはないんですけどね…。

でも、どうしても食事でこの痛みを避けたいのであれば液体のような流動食を摂取すると良いかも。

毎日ではなく、装置を装着調整した後の数日間だけですから。

矯正中にはあまりお勧めできない食べ物

個人的な痛み評価

おにぎりは絶対にやめた方が良くて、ご飯を食べたい人は箸でつまむ感じのスタイルにした方がいい。

これは、前回のワイヤーセットの時に感じた事ですが、かぶりつく系はいくら柔らかそうに見えてもアウト。

歯に対して負担が少しでもかかる食べ物は避けたい。

海苔を巻かなきゃそんなに固くなさそうだし、白飯にぎりなら食べれるでしょと、たかをくくって弁当にしたことがあったのですがかなり痛い。

Umi
完全にアウト。

装置装着後1週間は痛くて食べられないやつ。

てか、出っ歯直す人はやめた方がいい。

一番ダメな力のかかり方します。

かぶりつき系は柔らかそうでもNG!

1週間を過ぎると痛みは沈静しますが、やっぱりかぶりつくと少し前歯が痛む。

歯を動かすということは歯槽骨が不安定になる治療。

痛みがないとはいえ、かぶりつくのは避けたほうがいいと思います。

矯正中に食べてもいいけど面倒な食べ物

海苔やひじき系の黒くて柔らかいものを摂取する場合だが、歯に負担がかかるものではないし栄養もあるのでぜひとも食べたい。

が、見た目の問題があるので要注意。

これらを食べる際には歯磨きの時間が十分に取れるかを確認しときたい。

時間が取れないのであれば回避した方がいいかも。

歯に挟まるし、黒くて歯の白さの中でとても目立つ汚れとなってしまうので。

マスクがあれば安心ですね。

歯列矯正4か月目|ワイヤー交換、そして、治療効果を実感。

予約日の受診に行ってきました。 上顎のマルチブラケット装着から50日が経過。 セパレート処置開始日から数えると113日経 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Umi

婚活アプリで結婚した30代♀結婚を機に真庭市での田舎暮らしデビュー!真庭市生活ブログをゆるゆるに更新中。0歳児の子育てに奮闘中の新米ママです♪

-歯列矯正治療記
-